FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、自分の人生を変えようとしているもの

前回の記事の続きです。11/26(月)午後8時までに全て書き終えるつもりだったのに、、
書き終わらなくてごめんなさい。。これもまだまだ自分の詰めの甘さやね、、
でも、最後まで書くって決めたので書かせていただきます。

成功法則を語ってくれた人、それは経営や投資のビジネスで成功しているということで超有名な人です。確か現在、総資産は4200億円とかだったかな。
そして、何故、その成功法則を聞いた瞬間に自分の人生が変わったのか。
それは、その人の考え方が今まで会ってきた人と比べて何もかもが違ったからなんです。
大まかに言うとこれかな
①自分が上手く行かないことを絶対に人のせいにしない
②実現したいことは必ず具体的に明示し、明示したことに対してゴールからの逆算思考で考える
③常に自分にストイック
④常に自分に自信がある
⑤何かを学ぶ際は超一流から学ぶ
⑥圧倒的な行動量
⑦世の中の出来事は全て解釈に過ぎないと考える
こんなもんかな

まず①に関して、実は大きな事業に対して成功している人って、上手く行かないことは必ず全て自分のせいだと考えるんですよね。
逆に上手く行くのは他人のおかげ。
ライブのMCで、「自分のしたことに対して自分で責任をとれるのが本当の主役だ」と言わせていただきました。
考えてみれば、実際そうなんです。
声優・歌手として成功してる水樹奈々さん、youtuber、起業家として成功しているヒカルさん、DJ業界で活躍しているDJ社長など
絶対、他人のせいにしないんですよね。
他人のせいにしてしまうと、自分の人生を他人にコントロールされていることになる。
負のスパイラルに陥ってしまう一方です。
例えば、経営者が社員を雇うと。社員を雇ったはいいが、何とも仕事の出来があまり良くないなと感じる。
これは社員のせいではなく、その社員を雇った経営者、自分自身のせいだと。こう考えるみたいです。
また、そんな有名人でも何も一人で成功したわけではなく
色んなスタッフさんや多くの関わってくれた人達がフォローしてくれたお陰で成功を収めていった。
間違いないな。と。
今回のDB企画だってそう。
一人でライブの企画なんてできるわけがない。
一人でライブの企画をしようと思ったら、脳みそ何十個ぐらい必要なんだろう。
会場を押さえるにも、そもそも会場がなかったら押さえることすらできないし、
さらに出演者が他に居なければ最悪ワンマンでもできるかもやけど、でも、ワンマンライブで誰もお客さんが来てくれなかったら寂しすぎるし無料でライブするってなったらどんだけ出演費用がかかるねんって話だし
さらに音響スタッフや会場を運営してくれるスタッフ。この方々がいなければ、まずバンドが出来ないです。
ドラムやベースアンプ、ギターアンプ、ボーカルマイクやスピーカーなど
これらは全て会場のレンタル品です。
それらを管理してくれているのはスタッフさん達です。
本当に多くのスタッフさんがついてきてくれます。
だからしっかり他人に感謝できる人間にならないとね。
改めて感じさせられました。

次に②について。
例えば、孫正義さんというソフトバンクの社長さんがいます。
孫さんは会社を立ち上げてあと、会社に所属している社員全員に対してこのように言ったみたいです。
「〇年で2兆円の会社を創る」と。
こう、宣言したみたいです。〇年というのは何年なのか、ちょっと忘れてしまいましたが、じゃあ例えば5年以内だとしましょう。
5年以内に実現するためには、例えば、「4年目で、ここまで達成。3年目ではここまで。2年目ではここまで。1年目ではここまで」といったような逆算思考です。そして、これだけの売り上げを立てるにはどう考えたらいいのか、何をしなければならないのか。
そうやって戦略を立てていきます。んで、戦略がちょっとズレてると考えたら少し戦略を変えて行っていく。違うと思ったら変えていく。その繰り返しで考えた結果、2兆円の会社を見事、成功させたみたいです。
逆に上手く行かない人は、積み重ね式で考えるみたいです。
将来、起業する際に、まずは、サラリーマン、そしてある程度、500万ぐらい金が溜まったら、退職して独立。独立したらオフィスを立ち上げ、ある程度売り上げが上がってきたら次は法人化して、また売り上げが上がったら次は社員を雇って、みたいな感じで考えるみたいです。
よくよく考えるとこれ、ライブの企画でも同じことが言えますね。
例えば今回のライブの企画は2018/11/24(土)に実施しました。
ライブ企画の際に、「出演バンドが全員そろってから日程を決めて、ライブ会場を押さえる」なんて考え方をしてたらどうでしょう。
「出演バンドが全員揃うのはいつなんだ?」と。「日程を決めたときにはもうどこの会場も埋まってるという状況に陥ったらどうするんだ?」と。そういう話ですよね。
そうなるとせっかく集めたバンド達もライブに出演させてあげられないという状況に陥る気がします。
すごく勿体ないし、出演者にも迷惑をかけてしまうことになり、人によっては「この人の企画には出たくない」と考える人だって出てくるかもしれません。ではどうするか?
企画したことがある人ならわかると思いますが、まず、日程を決めてその日程で、ライブ会場を押さえますよね?
押さえるということはこの日にこの会場でライブ企画をやると決めるということです。
んで、〇時から〇時までの〇時間行うためにはどのくらいのバンド数を集めなければいけないのか。10バンドなのか、11バンドなのか、12バンドなのか。
自分で決めたバンド数じゃなくても、それに近い数は集めますね。
直前に断られる可能性とかも考慮して、自分だったら少し多めに枠を儲けています。
これもゴールからの逆算思考ですね。
先に会場を押さえる→〇バンドと決めた数字に近い数のバンド数を集める
集まったら後はタイムテーブルを組んで当日、顔合わせしてライブを行って、出演費精算するだけですから、ほぼ実現したに近いですね。
会場を押さえた後にキャンセルするとなると、莫大なキャンセル料も払わないといけないため、実現しないことを絶対に考えられなくなるのです。
決めた目標に対して、実現できないというのはあり得なくて、どうやったら実現するか?これを考えて行動することがすごい大事だと改めて実感させられました。

次に③について
成功者は常に自分に対してストイックです。
今回の自分はちょっとこれが欠けてたなって感じです(笑)
まだまだ自分に甘いなという感じです。
例えばこの、今書いてある記事。
「11/26の午後8時までに全て書き終える」と宣言したはずなのに、11/27という日付が変わったときでもまだ書き終えていないとww
マジであかんなーって思うね。。
どう考えてたかって言ったら
11/25に神戸のライブが終わった後
自分は「記事を書くのは明日にしよう。」そう思って家に帰った後はそのまま風呂に入って寝ました。
んで起きたのは午後0時で記事を書き始めたのが大体2時ぐらい。だから大体書いてた時間は6時間ぐらいかな。
「まあ、6時間あればいけるだろう」そう思ってた。
でも、現実は違った。恐らく半分ぐらいしか書き終えてませんと(笑)
あかんなー(笑)
あんだけ成功法則を勉強しといてまだやらかすんだよホンマ(笑)
それに今回のDB企画
実は反省点が3つほどあるように自分で感じました。
1つ目は顔合わせ時
8バンド目のバンドメンバーがいなかったですよね?
そこで自分は8バンド目のバンドを顔合わせ時にいなかったから無視して次のバンドの紹介!みたいな感じで進めてたんです(笑)でも、よくよく考えたら
8バンド目のバンドって実はDB企画に3年連続で出演してくれてる、DB企画、皆勤賞だったんです。
そう考えたら、後々になって、「自分が紹介してもよかったんちゃうんかな。。。」
そんなことが頭によぎりました。
また、7バンド目を紹介してもらうのを、忘れてた。これ、ホントごめんなさい(笑)
バンド名が言いにくかったのではなく、本気で忘れてました。。
2つ目は
5バンド目の出番が終わった後、インタミに入りました
インタミ時に「次の6バンド目の方は始まりの15分前ぐらいを目安に準備を始めていただけたらと思います。」とアナウンスしましたが、
そもそもアナウンス時、6バンド目のバンドがフロアにいないし、届くわけがないんですよね。
んで案の定、6バンド目はインタミが始まった瞬間にセッティングと音出しを始めてしまいました。
完全に自分の計画性の甘さです。。
そこでスタッフさんにも幕を開けさせるなんて無駄な仕事をさせてしまったし
これを機に次にライブ企画するとなるときはインタミ後のバンドはいつセッティングなどを開始するのかを自分が把握した方が良いように感じました。
6バンド目の皆さん、それに会場のスタッフさん、混乱させてしまって申し訳ありませんでした。
3つ目は
最後のトリのバンドで時間が30分近く押してしまったということですね。。
今回のライブ、ものすごく気合を入れてました。
すごく深い話を始めてあんなに長々としたわけなんですが、
気合が入りすぎたせいか、クソ長い時間、MCで喋ってしまって
これもまた、スタッフさんに迷惑をかけるという(笑)
んで、「押してしまってすいませんでした」と先にスタッフさんに謝ったのは
俺じゃなく、ギターのまさとだったんのよね。。
俺も一応、その後に謝ったけど、そのまさとが謝った後、初めて「あっそうや、謝っとかないと。。。」って思ってしまったんよね。
一番最初に俺が謝らないといけないはず
だから、どこまでも詰めが甘いDBでした。。まさと、そしてスタッフの方々、ホントごめんなさい。。
そうなんよね。ストイック。それは②でも示したようないかにゴールからの逆算が出来てるか。そして逆算過程の中にいかに細かく詰められているか。そこなんよね。たぶん自分はそこらへんがまだまだ詰められていないんだと思う。
そう考えて、これからも精進していきます。

次に④について
自信はある。確かに大事なことです。自分は常に自信がある。これは前々から持っていました。
成功者は言いました。自信がない人は自分が成功できる根拠を持ってないから自信が持てないというみたいだと。。
でも何ナンセンスなことを言ってるんだと。
例えばX JAPANも今、すごい1ミュージシャンとして有名だけど、X JAPANだって人生で初めてのステージがあるんだと。
んで、人生で初めてのステージで成功したらこの自信がさらに強い自信へと変わるんだと。
そこで初めて成功できるという根拠が生まれるんだと。
だから根拠がないから自信が持てないというのは根本的にナンセンスで、「自信」と「根拠」があったらまずは「自信」だと。
そのように言います。
でも、自分的には計画性のない自信は危ないなということを今まで生きてて実感しました。
例えば、今回のこの記事だって、根拠はないけど6時間もあれば記事一つは余裕で書けるものだと思ってました。
でも、6時間あったら、どれくらいの文字が書けるのかを検討せずに書いていった結果
見事にオーバーしてしまいましたね(笑)
他にも、ドラム始めたての時に初めて組んだバンドあったり、ゲーム会社への就職活動であったり、初めてオリジナル曲を作ったときであったりなど。
ホント、自信があるのはいいが、計画性のなさが失敗に追い込んでる。
そんな気がいつもするんよね。。
だから、もっと欠けている部分を埋めていかなきゃなって
そう思ってもっと成長しないといけないって思います。

次に⑤について
自分が「就職活動をすることに対して価値を感じなくなった」ということをライブのMCで言ったと思います。
そうなった理由がまさにこれです。
就職をするということ、日本では大学や専門学校を卒業した人達が一斉に「新卒社員」として会社に所属して仕事をする。
そういう文化にあります。
でも、この⑤を聞いた瞬間に、就職=卒業後にするもの という概念が一気に失われました。
では自分の中で就職するとはどういうことか。それは
「どのようなビジョンを持っている人についていくかを決めるということ」
まさにこれです。
正直、自分のビジョンと会社の社長のビジョンが一致していなければ、その会社でやっていくのは苦だと思います。
就職とは、会社で正社員になるということです。新入社員の上には先輩社員、部長、役員といった具合に多くの社員がおり、一番上の立場に代表取締役社長という立場の人がいますよね。
そしてほとんどの会社において、社長の上にはオーナーという立場の人もいます。
大体は、社長やオーナーという立場の人間の考え方で会社というのは動いているわけです。
その考え方が違ったものであったらどうでしょう。
恋愛でも同じですよね。
交際相手と考え方や価値観が合致しなければ、別れを告げる羽目になる。
そう考えたら、会社に入るということはまず、社長の考えを受け入れることから始めなければならない。
そう思います。
だから、自分が超一流と認め、この人の考えについていきたいという会社の社長が一応はいました。
その会社の社長のことをyoutubeを見たり本を読んだりなどで沢山知りましたが、
でも、就職はしませんでした。
それは、自分が今まで学んできたことと結構かけ離れていて、恐らく1年後とかに辞めるような未来が見えたのと、そもそもその会社に受からない可能性の方が高い。
それに、「超一流から学べ」と言ってくれたのはその成功法則を語ってくれたその人だったから
その発言こそがまさに超一流!そう考えて、この人の考えについていこうと思い、現在はその人の考えに従いながら、個人で物販事業などを行って、利益を儲けているといったところです。
目標を立てながらもすごく今、頑張っています。

次に⑥について
成功する人の行動量ってホント半端じゃないんです。
決めたことはすぐに行動に移す。
そして決めたことに対して実行していって
上手く行かなかったら、なぜ上手く行かなかったのかを分析し
次の行動に移す。
そして、また上手く行かなかったら、また分析・・・と
どんどん繰り返していくうえで成功に近づくんです。
ライブのMCでも言わせていただきました。
「成功の反対は失敗ではなく、成長の糧、そして成長するためのきっかけである」と。
そして、ある人は「失敗ではなく経験だ」というふうにも言います。
どれもホントに当てはまってて、出来なかったらどうしようかとそれをやたらと模索します。
後悔など一切せず、成長するためのチャンスが回ってきたと考え
そしていつか目標達成までたどり着く。
それが人というものだと。そう考えることができたので、
就職活動をやめて以来、俺は疑心暗鬼になったことがありません。
そして、落ち込んだことも一切ありません。
常に最近は前向きに物事を考えています。
そして、今は収入が少ないです。
正直バイトしてた頃よりも収入が少ない
でも、これから頑張れば頑張るほど収入がどんどん上がっていくんだということを考えると
すごく楽しみだし、すごく事業に対してやりがいを感じるようになってきています。
だから、バカだった高校生時代や、大学生時代のときのような、「勉強できない!もう嫌!!」とか言ってたみたいに「収入が少ない!もう嫌!!」みたいな弱音は最近は一切吐いていません。
確かに悩むこともありますが、それは「モノが売れなかったら何が原因で次はどうしようか」と考えるという意味での悩みです。
だから前向きな悩みやね!
そんな前向きな悩みを抱えながらもこれから頑張っていきます。

次に⑦について
例えば、自分は高校生時代、ホントに学校の先生が嫌いでした。
何故かって、しっかり的を得た授業を生徒にしていないにも関わらず、授業とは違うことをしたら「授業ちゃんと受けろ」と言う、そして学校を休んだら「何で学校休むんだ」と怒鳴りこんでくる。
「生徒が学校を休む原因を作ってるのは貴様やろうが!」と言いたくて仕方なかったというのが事実です。
でもこの事実
確かに嫌な先生ばかりでした。こうなると、ほとんどの人は悪いようにばかり解釈するでしょう。
「あんなやつのせいで、自分は勉強ができないんだ!」みたいに。
自分もかつてはそうでした。
でも、こう考えるとどうでしょう?
「そういう嫌な先生がいたおかげで、こういう人の価値観は自分とは合わないと分かった。こういう教育の仕方は自分の子供にはしてはいけないということが分かった。それをお金を払ったうえで学んだ。だから、ありがとう。」と。
人の価値観なんて、合うor合わないそれぞれあると思います。
そして、最初からどんな人と合うかなんていうことは実際に人に会ってみないとわからないことです。
それに、そういう嫌な先生が居たら
逆に「将来、自分はこの人達は必ず超えられる」
そのようにも思えるので、チャンスが訪れたようにも思えるんですよね。。
また、成功法則を語ってくれたその億万長者
かつて、信頼していた人から300万円を騙し取られて、持ち逃げされたみたいです。
それに対して、「何であいつを信用したんだ・・・」みたいに悪いようには思わず
「300万円程度でこういう人は信用してはいけないということが分かったんだったら、それは詐欺を知るという観点においての授業料だ」と考えて、「だからありがとう」
こう考えるみたいです。
だから、実際、目の前で起きた自分にとって都合の悪い出来事も、都合の良いように解釈すれば
今後、本当に自分にとって都合の良いことが起こることに繋がるんだと考えると
前向きに生きることの大事さを実感させられます。
人ってホントすごいよね。
無限に可能性を秘めてるように感じます。

以上、7つのことについて書かせていただきましたが如何でしたでしょうか??
これまた、思った以上に長くなってしまいました(笑)
これらを書いただけでも書いた時間は約6時間だから
前の記事も含めると約12時間記事を書き続けてることになるよね(笑)
そりゃ6時間で全部書けるわけがないwホント詰めの甘さだなと感じてます。
まあ、ここまで自分の人生を振り返ってみた結果
バカだった頃の自分を沢山思い出すことが出来て
ホントに懐かしいなっていう感じです。
そんな過去があったから、今、ホントに変わったなって実感できるし、
それに、バカだった頃の自分を変えてくれたのはその成功法則を語ってくれた人。
んで、その人を紹介してくれたのは兄貴だった。
因みに自分の兄貴はとある医学部の卒業生で、卒業した後は医者にならず、インターネットビジネスや投資で半端なく成功しています。んで、あいつの周りは経営者だったり、億万長者だったりとまさに社会の上流の立場と言われる人達の繋がりが多いです。
その成功法則を語ってくれた人の他にも様々な経営者の方々を紹介してくれて、さらにはあいつが住んでいる祖母の家は不用品がなぜか沢山あり、それを売らせてくれて、「その利益を全てお前のモノにしていい」って言ってくれて。
だからしっかり感謝しないといけないし、
ここまで一生懸命になって育ててくれた、そしてESPにも入れてくれた両親にもしっかり感謝しないといけないし
ホント、自分は恵まれた環境に居たんだな、、って思います。
また、これからは一応、ドラムは続ける予定です。
1ドラマーとしてもやっていく予定です。
いつ活動始めるかはまだ決まっておりません。
ただ、絶対に帰ってきます。
活動休止期間中もしっかりドラムは練習します。
なんせ、ESPの授業でドラムを叩く機会はあるのです。
また、ESPで組んでたバンドは
自分の未熟さのせいで、結局はライブを一度行ったきり、解散になってしまいました。
ギターの人間が飛んだという事実。確かに飛ぶのはダメだろうけど、
ただ、やっぱ飛ばれる方も悪いよね。そんな気がする
何か原因が絶対ある。自分の引っ張る力の不足か、自分のドラマーとしての実力不足か、、
そんな感じで何かしら絶対に原因があるはずなのよね。
だから、就活辞めた後は、人生における成功法則を聞きながらもドラムをひたすら徹底的に練習しました。
んで、結果、まあ、まだまだ下手くそな気はするけれど
今年のDB企画で日々の成果は出せたのではないかと。そう感じます。

今回の企画は3年企画した中でも一番良い企画になったんじゃないかと個人的に感じております。
特に、6バンド目のオメでた。まさかとは思ったけど、本家のアーティストに自分たちのコピーバンドの様子の動画を見てもらってそれに対してコメントしてもらえるって(笑)
素晴らしすぎて震えたよwww
今回のライブ企画をしたのは俺自身やから、俺自身もコメントして貰ったその動画に関りがあるってことを考えると
ホンマ震えるよね(笑)
それに完成度もホント高かった。
ドラムのファス君を最初に誘って、後から自分の後輩であるぴろがボーカルであることを知って。
ぴろにはサークル入りたての頃、最初から歌上手いこと知ってたけど、発声のことをちょっと教えてあげて
んで今回の盛り上げ方とか見てたらホントかなり成長してるなって思って
すごく圧倒された。
次は4バンド目のかまってちゃんかな。
最初になぜかアクション系のSEが流れて、それに合わせて演出をしてて
そしてまるで気が狂ったかのようなパフォーマンス(笑)
個人的な印象として、「やばいバンドおる!!ここまでやるか!(笑)」みたいな印象でした(笑)
あと、差し入れありがとう!特に綿棒。あれはちょっとありがたいかも!
次は1バンド目のジュディマリ
ギターのもときを誘って、メンバーの中にはかつてのシェルターの同期や先輩も含んでいた。
因みにギターのもときは前の記事に書いた、自分が1回生の頃にシェルターに入ってきて、当時、本当に仲の良かった子です。
こんなライブ企画に出演してもらえる機会まで設けることが出来てホントによかったです。
次に2バンド目のボカロ
ボーカルのおりたんくんがそれ以前のラスベガスをやってる姿を見たときにも思ったけどやっぱパフォーマンスがすごいし、盛り上げ上手やなって印象やね。
んでこのバンドの枠を与えたのは去年も出てくれたベースの由既ちゃん。印象が変わりすぎてて最初、別人かと思っちゃいました(笑)
んで途中でベースとボーカルが1回入れ替わり、「セツナトリップ」が始まった。
自分もかつて聞いてた時期があったから懐かしいなーって印象でした。
次は3バンド目のアニソン
これ、ホントに懐かしい曲ばっかやったね。God KnowsにDon't Say Lazyに。
なんか、すごく感動を覚えた。
高校の頃にはまってたアニソン達を間近で披露してくれるとは(笑)
ホンマに素晴らしいね。
んで、その日はボーカルの毒殺みづちゃんの誕生日やったみたいやね。おめでとう。
フライヤーも作成してくれてありがとうね(笑)
こんなOBやけど、また何かあればよろしくね!
んで、このバンドの枠を与えたのは大手前のけんしょー君。
彼が出たのは1回目のDB企画以来かな。
バンド内では「店長」と呼ばれてたのすごく印象的でした(笑)
次に5バンド目のDizzy Sunfist
バンド名読み間違えちゃってごめんなさい(笑)
このバンドも熱かった!
いつもドラムやってるのっちちゃん、
今回はベーボやっていて、改めてホントパワフルだなって
すごく感じました。
全体的なバンドのパフォーマンスも激熱でしたし、
しかもこんときだったねそういや
サークルモッシュを起こせたの(笑)
流石の煽りだなって思いました^^
次に7バンド目のサンボマスター
去年のラウド系企画のときにみさみさちゃんのドラムパフォーマンスを見せてもらって
すごかったなって思って
ライブ企画に今回誘ったのですが、急遽出れなくなっちゃったみたいで
代わりの人がドラムを叩いてくれてたみたいで
そしてOBの方がバンドの代表をしてくれて、実現させてくれたことに感謝です!
サンボマスターは毎年、シェルターの卒業ライブで「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」を最後に披露することもあり、
そして今回の企画のタイトルはLAST DB
だからタイテ組むときには絶対最後の方に出番を持っていくべきだって思って
そのようにしたら
案の定見事にはまったね。。最高でした。
社会人として忙しい中出てもらえて嬉しいです。
また機会がありましたら是非よろしくお願いします。
次に8バンド目のオムニバス
DB企画3年連続皆勤賞バンド
とは言っても、実際の皆勤賞は、ぽつとわくとたかやとるいちゃんで、
1年目は若干メンバーが違ったのですが、
それでも実質なバンド形態としては同じものだと判断しております。
DB企画を引っ張っていくバンドとして認識していて
トリ前として出てもらうのは絶対こいつらだなと。
そう思って2年間はトリ前を出番とさせていただきました。
いつも出てくれてホントにありがとうね。
んで、ムックも面白いフライヤー作ってくれてありがとうやで!
またいずれ、何かで会ったらよろしく。
次に9バンド目、Crossfaith!
自分のバンドやけど、こいつらに出会えてよかったなってホンマに思う2人
ベース まさきとギター まさと
まさきは自分が3回の頃のフルバケで初めて出会って、そこで「ライブで枠が余ってるんですが、よかったら出ませんか?」と。ある日突然誘われて、
そこからやね。
外バンでもいっぱい活躍してる子やけど
外バンのライブを初めて見に行ったときは圧倒されて
自分の卒業企画にも出てくれて
んで、今回もオッケーして貰えて
ホントにいつもありがたいという気持ちです。
また、外バンのやつも見に行くね!
そしてまさと。
シェルターに馴染んでいた一人でついにはシェルターの卒業ライブにまで出てもらうことになっちゃって(笑)
しかもいつもライブで大忙しだったのに誘ったら気軽にオッケーしてくれて
すごく助かりました。
んで、外バンもやるようになって
そして、いつの間にかPAも勉強していたみたいで
最近結構、ノウハウがすごいなっていうの思います(笑)
外バン忙しい中でも今回、オッケーしてくれて
俺に足りないところとかもしっかり引っ張ってくれてた。
バンドには必要不可欠な存在。
外バンのライブ、そういやまだ1回も見に行ってないなー。
時間空いたらまた行くね!
そしてボーカルのマー君。
マー君とは去年のラウド系企画でCrossfaithで組んだのが初めてでした。
んで、今回再びCrossfaithをリベンジしてもらうことになってやるってなったらめっちゃ気合入っててすごいよかった。
あと、リハスタやライブでは言ってなかったけど
マイクをテープでぐるぐる巻きにしてるの、うちのシェルターの後輩、カルロスに憧れてやってるみたいやけど、
俺のことを「師匠」と呼んでくれた人物がまさにそのカルロスなんです。
だからどんどん自分の考えが次世代のロックを名乗ることにおいてふさわしい人物に引き継がれているってことなんよねw
そういうわけで今回、マー君と組めたのは、本当に貴重な機会だと思ってます。Crossfaithをまたやる機会があれば、その時は瞬時に参加します!!
この4人で組めたのはホントに良かったです。
まあ、ミスも多かったけど、それでもホンマに楽しかったし
ホンマに今回、気合入りすぎて、楽しすぎて、完全燃焼してしもうたw
Crossfaithまたやりたいなー
天野達也がドラマーの中では一番好きやから!
だから何回でもやっていいCrossfaith!
ホントに最高です。
改めて出演者の皆さん、本当にありがとうございました。
タイムテーブルの順番も我ながら、この順番にして正解やったなーって思ってます(笑)
またいずれ、機会があればこんなOBでもよければよろしくお願いします。

今後の自分の人生としては
ドラマーとしても成功してそして、事業主としても成功して
いわゆる複数の職業で成功していきたいなっていう人生設計です。
最初は音楽だけで生計を・・・
そんなことを考えていた時期もありました。
でも、音楽が売れたとしても対価として得られる単価がどんどん安くなっていってるのが現実で
これからは音楽だけで生計をというのは難しくなってくる時代のように思えてきます。
でも、かといって音楽は絶対に辞めたくない。その気持ちは今でも変わりません。たぶんこれから一生変わりません。
なのでこれからも1ドラマーとして突き進んでいきます。
そして、今行っている物販事業、またゆくゆくは投資ビジネスなど
これらでも成功を収めて、もっとカッコいい自分を目指します。
色んな意味で「ヤバいやつ」を目指していきたいと思います。
しばらくライブ活動は休止ですが
いずれまた、ステージに立ちます。
ライブも誘われたら、参加できる範囲で参加したいなって思ってます。
そして、再びステージに立つ時はまたDBとは違った名義が新たに生まれます。
DBとは何の略かそろそろ気になっている方も沢山いると思いますので暴露します。
その正体なんですが・・・
DBとは実は
仮の名前です。
真の名は
〇〇(次の名義)となります。
今まで何の略かが「謎」とされてきました。
それは、DBという名前にそもそも元の形なんてないのだからですね。
だから要は
「DBとは何の略か」ではなく「DBとは何者なのか」ここに着眼点を置くべきだったかなって思ってます(笑)
そして〇〇のところ
これは次回活動時に暴露します。
何になるのかが気になる方
自分が「ロックの使者」であることから〇〇のところを想像してみてください^^
それでは、こんな俺についてきてくれて
そして、こんなクソ長い記事を最後まで読んでくれて
本当にありがとうございました。
最後は最近かなりハマってる曲で、個人的に歌詞がすごい好きな曲で、今回の転換BGMの最後の曲として入れさせて頂いた、Bishの「プロミスザスター」を載せて終わりにしたいと思います。
また、今まさに自分の人生を変えようとしている本や動画を追記の部分に載せときますのでよかったらそちらも見てみてください。
では

続きを読む »

スポンサーサイト

これまでを振り返ってみて・・・

こんにちは!
もう最後の投稿から7年も経つんだな、、(笑)
最後の投稿が2011年の9月11日になっていて、ホントにずっと放置したまま投稿していなかったんだな、、と
久々にブログ開けてみてすごく感じました。。
しかも7年前。ということは
自分が高校2年生ぐらいの時です。
高校2年生ぐらいまで、メイプルストーリーというオンラインネットゲームにハマっていて
当サイトは、そのゲームの日記用として書いていたブログサイトです。
だから
前の記事とか漁ってたら恐らくめちゃくちゃそのゲームにおいての記事が出てくるかと思います(笑)
ま、気になる方は遡ってみてください(笑)
ちょこちょい日常も挟んでおります。

しかし、改めて読んでみたけど
当時の自分ってホント、ただの変な奴だよね(笑)
「w」、一体何個あるねんww
それに「orz」って懐かしいなー(笑)
あと、記事を見てたらなんとなくわかるかもなんですが、
当時の自分は紛れもなく病んでますねこれ。
まあ学校はちゃんと行ってました。
んで、先生から出された宿題も基本は期限通り提出して
クラスの皆からは「真面目だなー」なんて言われてたのですが、、
俺からすると「そんなに真面目だったかな?(笑)」って感じですw
なぜかって、登校するのはいつもギリギリの時間
宿題提出はいつも期限ギリギリに終わらせる。最悪やってこないときもw
だから、間に合わなくて怒られることも。。
中間テストや期末試験の成績もいい時と悪い時とで波がありましたし
実力テストなんてガチで苦手やったから学内で行われてる模試なんて毎回クソみたいな偏差値だったし
まあでも、大学受験には意識が高い方でした。これは事実だと思います。
学業に専念しようと考えて、高校1年生ぐらいの時に行ってた声優養成所も高校2年時に一旦、退所したし。

んで、何で大学受験に対して意識が高かったのかっていうと
大学入ったら、高校のときと比べて時間もたっぷりあり、自分が思い描いている夢を思う存分に追いかけることができる。
そんなイメージばっかりを膨らませたからなんよね。
それにデカい大学に入ろうと思った。
東大、京大、神大、大阪市立大、、、
そういった文理が同じ共存している総合大学が一番人脈があり、そのような大学入ってからは高校のときからやりたかった、バンドだってできる。バンドでプロも目指せる。そして、大学入ったらもう1度、声優養成所に通ったる!
んで、当時の自分なんて紛れもなく厨二病だったから(笑)
総合大学の国公立の有名大学の学歴があって、有名人になったら、世間的にもカッコ見える!!
それで俺は将来、大物!カッコよくなれるんや!!
そんな、今思うと、意味不明だった論理を立てて目指しました(笑)
逆に、「〇〇外国大、とか、〇〇芸術大」みたいな単科大学は一切選択肢にはなかったんよね。
なぜなら、「人脈が極めて少ない」なんて思って、やりたいことがちゃんとできないと思ったから。
んで、勉強してたらすごい思うことがあって、
学校で与えられたことをちゃんとやっていて、
また、兄貴から勧められた教材とかをしっかりやっていたわけだけど
一向に成績が伸びない。
そこで初めて成績が伸びないことを他人(先生)のせいにしちゃったんだよね、、
本当は自分のせいなはずなのに
だから、当時、学校で与えられたことが信用できなくなってしまった。
んで、自分の家族は親と兄貴の4人家族で、ある日、兄貴からこんな事実を突き詰められるんよね。
自分は理系だったわけで「理系は勉強が忙しくあまり時間がない」
発狂した。
大学に入ったら勉強するつもりで勉強してるんじゃないのに何やってるんだよ俺。と。
まあでも、まだ他の大学と比べたら楽できるというか、時間もある学校や学部があったから
そこ目指そうと考えて
目指した。
高校3年生になると予備校にも行き、家庭教師もついて
んで、色々アドバイスも貰うわけだけど
「ああやりなさい、こうやりなさい」など色々、言われて、しかも何かそういうアドバイスが全て、違う方向に向いているように感じて、
「結局俺は何を信じたらいいのだよ、、」
「ああもううざい!死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね!!!全員死んでしまえばいいねん!!死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死死ね死ね!!!」
こんな感じでめちゃめちゃ気が狂ったように騒いでた、、
アドバイスなどしてくれる人って全員が味方なはずなのに
いつの間にかもう全員が敵に見えてしまったりして
わけのわからないまま受験勉強やってて
んで、ある日こんな情報が入ったんよね、、
「関西大学 理系学部 公募制推薦」
それが、専願のみの受付となってて受かれば必ず行かなければいけない。
しかも、普通の推薦とはちょっと変わった形式で、基礎的な数学英語物理化学に小論文に面接。面接でも基礎的な学力試験的な問題も出される。っていう
情報が入ってきたときはあまり期間もない状態やって
とりあえず、たぶん受からんけどダメ元で出してみよう
そう思って、志望理由書とか急いで書いて出してみた。
国立ではないけど、総合大学やし、受かってもま、いっか。
そんなノリ。
んで、試験当日、始まって
小論文・・・まあ普通かな
面接・・・グッダグダ(笑)「しっかり勉強してきましょうね。」こんなことまで面接官に言われて(笑)
受かってないやろな―
そう思ってた数日後
「合格通知」
「えっ!!!!!?信じられへんwww」
家族全体もお大騒ぎに(笑)
そんなこんなで大学受験は終了した。

んで、大学1回生になって、入学したとき
まず真っ先に実現したいことと言えば
「バンドをやる」これなんよね。
んで、「バンドを出来る環境と言えば、軽音サークル、軽音部や!」って思ってた。
入学当初や入学2日目、3日目は沢山色んな部やサークルで勧誘活動が行われていて、色んなところからチラシを貰い、
んで、気になるところは話を聞きに行って、
部活は当時、あまりいいイメージがなかったから、サークルのみで回っていました。
そして、大学内で人脈もどんどん作っていきたいなって思ってたから
軽音以外でも色んな部やサークルの花見とかも時々参加してました。
そして、花見の予定、ライブの予定など沢山イベントがあり、見に行き、歓迎も沢山されて、んで「ここや!」って決まったサークルがあり、それが
「千里山シェルター」
まあ、ホントに先輩後輩問わずに仲が良くて
しかも、ライブすることでやりようによっては沢山の音楽における人脈が増える。
それに、いつでも戻ってこれる場所だから
入ってよかったなって今でも思います。
んで、1回生の頃はとにかくなんか
「こいつはヤバいやつ」みたいなこと思われたくて、結構ヤンチャしたよね(笑)
とりあえず、「真面目なやつ」なんて思われたくなくて、ヤンチャなイメージを周りの人達に植え付けたわけです。
ま、でも「頑張るやつだな」とは思われたかったね。
んで、声優養成所にも通って
んで、6月からはバイトもして
「人脈も出来るだけ多い方がいい」と思って、作っていた。
まあ、大学生活してたら、授業や試験とかもあるし、これらは出来るだけ簡単に単位を取れるやつを選ぼうと思って、出来るだけそういう情報をとにかく入れまくった。まあ、大学生が生活していく上での王道やね。
皆、楽して単位を取るということに対して、教授とかはすごい文句を陰で言ってるだろうし、んで、学生同士でも「こいつはクズや(笑)アハハ(笑)」みたいな感じでバカにし合ったりする傾向もあるだろうけど
でも、それってすごい大事なことだと俺自身では思ってて、
なぜかって、自分のニーズをしっかり叶えるためにはどんな情報が必要なのか。それを踏まえたうえで情報を仕入れるという一つの行動をしてるわけだから。これも言ってしまえば「努力の一つ」なんだと思ってるからなんよね。
色んな意見あるから、人は色んな事を言います。でも、そういったことを言われるという覚悟で情報を仕入れてるんだったらそれは逆にすごいことだと思います。
それに今は、情報社会の時代です。
インターネットもあるし、情報って結構、簡単に入るんよね。
企業に就職するにしても、ブラック企業とホワイト企業、どっちに就職したいですか?
ホワイト企業なら尚更情報に敏感になった方がいいと思います。
なぜなら、ホワイト企業の方が人が集まりやすいから。
どんな企業で、どんな事業が行われているのか。
また、どんなことが自分には必要なのか。それを探ったうえで的を得た行動をしたらどうでしょう。
圧倒的に差が付き、人よりも早く就職したい企業に就職できるような気がします。
まあ、自分は就職をしていないので、「何を偉そうに言っとるねん!!」と言ったくなるかもしれませんが(笑)
少し話は逸れましたが、まあそんな感じで、人生を生きていくうえで一番大事なもの、それは
「情報」であると感じております。
んで、学業もこんな感じで進めながらも、サークル、習い事、バイトとかなり沢山のことをしてきましたが、
当時、要領もクソ悪く、メンタルもそこまで強くない自分にとっては正直、どれもこれもがどっち付かずな状況でした。
特にそれを気付かされたのはバイトをやっていた時代かな。
当時、飲食店でキッチンやってたんだけど
料理長から言われるのが、「お前の部屋ってすごく汚いやろ?お前のその仕込みの仕方、性格ちゃんと見えてるねんで」
ここで初めて気づかされた。「あー性格って意外と人にわかるもんだな・・・」と。
更に、覚えるスピードもめっちゃ遅くて、周りの先輩が初めてやることでも自分は覚えるスピードよりも圧倒的に早い。
違いはなんだろうな。
当時の自分にはわからなかった。
んで、どんどん置いてけぼりにされて、周りの人たちにもどんどん迷惑をかけることにもなって、でも、そのバイトは1年ぐらい続けた。
サークルでもそう
初めてライブに出たのが1回生の頃の5月やって、それが先輩が「誰か1回生でもいいのでギターやってください」と募集していて
んで、当時ボーカル志望だった自分は一応ギターを中学2年生の頃からずっと持っていて、それでやろうと思って行った。ABCのコピバンだった。
大学の頃の自分はできるだけ積極的な自分になりたかったから。だから、チャンスが来たら積極的に参加していたことが多かった。
んで、初めてスタジオ入り、ライブに出るんだけど
ライブ当日、本番直前に弦が切れてしまうというハプニングwww
仕方なしに先輩の知り合いからギターを借りてそれで弾かせてもらって、ライブは一応、最後までできた。
もう周りの先輩から問題児とか言われたね。。(笑)
んで、6月のフレッシュマンライブ。1回生中心のライブ。
そこで楽しくライブもやれたのはいいが、ちょっと思ったことがあるんよね。
・・・・なんか違うな・・・・
実は大学入る前、ライブをするというと、毎回チケットがあって集客してそれで沢山の人に見てもらってギャラを貰うみたいなイメージばっかりを持っていて、サークル内だけが観覧客みたいな感じはイメージとは全然違ったんよね。
んで、案の定どうしよう、、みたいな。でも楽しいし、ここでシェルターやめても、他にバンドが出来る環境もないし、、
そんなこと思ってたけど、為になること沢山あるなーと。
そもそも知らんアーティストが多すぎて、先輩からV系とかメタルとか色々教わってきて
しかも、そもそも他のバンドとのリズムがずれすぎてるとかも先輩から言われまくったし
ホントに自分は考えが甘い。
だから、1回生の頃に行ってた声優養成所でも少しモチベーションが落ちてきたんよね。
んで、音楽に対するモチベーションがどんどん高くなってきて。
んで、1月ぐらいかな。バイトに養成所の進級審査に定期試験に
「うあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!」
現実逃避した。何もかも手が付けれんくなって
養成所から途中で失踪して、1回生後半は比較的授業もさぼり気味で定期試験もロクにできず、単位を20単位ぐらい落として
んで、サークルの活動時間も遅刻、リハスタも遅刻ばっかりが続いて、先輩から
「遅刻癖直せ!!!」と。お叱りを受けて
「何やってんだ俺、、」と。
しかも1回生後半の時に授業さぼり気味だったのは、授業に行く理由がわからなくなったからです。。
目標と違うのになぜ授業に行ってるんだろう、、みたいな。
大学辞めようかな。
そんなことまで考えていた。
でも、辞めたところで行くあてもなく、、
そのまま意味も分からず続けて2回生になり
初めて自分が先輩の立場をここで人生で初めて経験することになりました。

先輩の立場。それもすごくいい経験。
でも1回生の丁度終わりぐらいにはある同期がシェルターに入ってきた。
そいつはなんというか、音楽に対してしっかり的を得てるというか。
こいつから色々教わりたいな。そう思って、出来るだけ仲良くした。
んで、仲良くできて、沢山為になることを教わって「本気で音楽もっとやりたい!!」っていう気持ちはさらにUPしていった。
だが、その反面、「シェルター辞めようかな」っていう気持ちは強くなってしまった。
本気で音楽をやるとなると、シェルターでってなったらやれることは限られてくるし、外でバンドがやりたい。。んで、そいつからも「絶対そっちの方がいい」とも言われた。
また、そいつはあるコンピュータ学校の専門学生で自分が2回の頃は就職活動をしていた。
んで、そこで段々情報を得るにつれて「就職活動なんて絶対にしたくない!!」そんな気持ちが段々と現れてきたんよね、、
んでまた、「授業くたばれ!社会くたばれ!」みたいな(笑)
あーもう何やってんだよ俺ww
んで、2回生の頃は、音楽をもっと極めたくてDTM教室に通って、そこで作曲も教えてもらってて、ボーカルもっとうまくできるようになりたいなって思ってミュージックスクールにも行ったりして、そのスクールのイベントとかあればできるだけ積極的に参加したりして。その他、インディーズで活動してるバンドのイベントとかも積極的に参加したら沢山繋がり出来て、すごく嬉しかった。でも、そこで「いずれは出演側の立場に回りたいな」そう考えていた。
でも、自分そんなに歌も上手くないしましてやいい曲も作れるわけでもない。こんな俺にできるのか・・・そんなことばっかり考えていて
全然体制しなかった。
でも、曲は1曲作って、それを2回生の学際ライブで発表した
それが、「歴代センター試験国語」っていう(笑)
何でセンター試験国語なんかというと、毎年、大学受験の一環として行われるセンター試験
その国語がえげつなく意味不明な文章だから、結構世間からネタにされたりするんだよね(笑)
んで、それを歌詞にしたくて(笑)
まあ、シェルター内でバンドメンバー招集して、そしたら
「これ、1小節内に収まってる?」「どうやって合わせんの?」みたいな(笑)
ダメダメやったね、、
音楽の理論的な知識がやたらと疎いような状況で作ったらまあなんともぐちゃぐちゃな曲になっちゃってたみたいで。
んで、作り直す羽目になって、作り直して
まあなんとか合わせれたのは合わせれたかな?みたいな感じだったかな。
で、それ以外の曲を決めるとき、そのバンドメンバーとは初めて結構ぶつかり合ったというね。
なんせ、自分自身が大した力もない癖に、偉そうに「この曲、そしてこの曲順で行かんと観客を盛り上げられへんやんけ」みたいな。。わりとぶつかって、
んでもライブ当日はしっかりと盛り上げ方とか皆で考えながら演出して
終わった後は、色々思い出して、「よかったな」みたいな。
気持ちスッキリって感じかな。
更に嬉しかったのは、学際終わった次の活動で、ある後輩が入ってきてくれて
その後輩は「DBさんを見て入りました」って言ってくれたんよね。
自分にとっては何かのきっかけで後輩が入って来るという経験は初めてだった。
んで、そいつはこんな俺のことをすごく頼ってくれていて
そいつの初ライブは自分が2回の頃のクリスマスライブだった。だからそいつは当時1回生やね。
でも、俺と同じような感じだったから、何故か成長させてやろうという気持ちになった。
というのは、そこそこ歌はうまいし、盛り上げ上手。けど、イマイチ、バンドとのリズムが取れづらいような傾向がある。
1回の頃の俺とほぼ同じなんよね(笑)
それで、そいつは俺のことを「師匠」と呼んでくれた。
まあそんなこんなで2回生いっぱい、シェルターで過ごして

3回生になると、さらに下の後輩が入ってきて
んで、3回生はシェルターで過ごす機会がもっと増えて
段々、先輩という立場に慣れてきたような気がした。
で、「師匠」と呼んでくれた後輩が居て、その子が新入生に対して俺のことを教えて、「歌どうやったらうまくなりますか?」みたいな感じで俺を頼る後輩もいた。
んで、「こんなんやってみ?だいぶ違うよ?」っていうことをカラオケ一緒に行って教えて、
そしたら、「驚くほど違いますね!」みたいな感じで言われて。
そこで初めて、「俺にも人に教えられることがあったんだな。」という感じで。
んで、3回生の頃の初めてのフルバケ、それに出演して、出演したライブハウスは「心斎橋VARON」
そこでライブを行ったときに、初めて会う人から「良かったです!すごかったです!」みたいなめっちゃ言われて、すごく嬉しかったわけやね。それに、ベーオンの人とも仲良くなり
ここから、自分が自主企画するうえでの過程が始まった。
んで、初めて外部の子から「よかったら自分の大学で枠が1枠余ってるので一緒に出ませんか?」とお誘いを受けて(笑)
これいいのかな、、?(笑)と、ちょっと半信半疑な気持ちがあったけど、機会を儲けられたからシェルター内で「いいかな?」みたいな相談をして、「やる!」その一言をただ返信した。
当時、相愛の2回生の子だった。
んで、ライブは実現できて、「すごいな、音楽」って改めて思って
それから俺は頻繁に外部との繋がりもできるだけ多く作り、まず会ったらとりあえずTwitter交換!!
これをひたすら行動した。
シェルターは一応、3回生の学際で引退のライブでそん時はlynch.をコピーしていた。
まあ、一応は引退っていう形やけど、サークルを引退しただけで、音楽は引退していないはず
だから、それからも外部の繋がり、作りまくった(笑)
出会ったらまずはTwitter交換(笑)
一応、3回生後半は就職活動を意識する時期だったけど
俺は当時、就職なんてそもそもしたくもなくて、
かといって、音楽の世界に行ける可能性もないし、、
とりあえず、大学院目指そう。
そんな気持ちで大学院を目指した。

そして、4回生の頃。
皆が就職活動している中、ベーオンの人からも「ライブ出て」みたいに誘われて
なんとかライブに出たろうと思ってライブ出て、丁度この時だったかな、
初めて、外部の人を誘ってライブに出たの。
んで、ライブに頻繁に出てるMCBBの子がいて、当時新3回生であって、そいつとはいずれ組みたくて、そのときに初めて実現できた。
んで、学生のうちに必ず自主企画を実現する!
それが4回の頃の目標だった。
自主企画を実現するには
ライブ会場押さえたり、バンドに声掛けしたり、バンド揃ったらタイムテーブルを送ったり
色々やることが多くてすごく不安もいっぱいあった。
4回に、学生としてやっていたら、大学院の勉強とかもしないといけない。それも行いつつって感じ。
んで、そこでまたちょっと迷い込んだことがあって、
大学院の受験勉強してたら、大学受験時代のことが再び蘇ってしまって、、
んで、また勉強するのが嫌になり
就職活動に切り替えた
んでしかも、それは「音楽活動が出来ること前提での就職活動」みたいな感じで行っていた。
今思えば、音楽活動つっても「どんな感じでやるのか」とか、「誰とやるのか」とかすごく曖昧にしてて
そんなので活動なんかできるわけがないのに、そんな感じでキャリアサポートに相談した。
大学院には一応、合格した。でも、辞退した。
んで、教授に「辞退する」と言い、「何がしたいの?」って言われたら、「音楽活動がしたいです」って
そしたら案の定、「何言ってんだよお前」みたいな反応されたよね、、
んで、「アルバイトしろ」と教授から言われ。
「フリーターになりたい。フリーターしながら音楽活動する」と親に言ったら
「あかん!就職しろ!」と言われ
自分も「あかん!フリーターにならせろ!」と命令して
めっちゃ家で喧嘩してクソ暴れて
んで、そのままわけもわからず、俺は、就活を続けた。
んで、内定はどこも貰えず、その時に、とある専門学校のことをちょっと頭をよぎって
それが今も在学中の「ESPエンタテインメント大阪」だった。
んで、資料請求して
その時に目にしたのが
「ミュージシャン&スタッフコース」これ。
ミュージシャンとしての活動をしながらもスタッフとしての就職をすることを目指せます。
そういうスタンスだったよね。
んで、体験入学行って、そこではPAとライブハウスやフェスの現場においてのドラムセットの組立、そしてアンプの設置の仕方などを学んでて
「ここならやっていける!」と自分は思い、早速、親に相談して「やらせてくれ!」と。
そしたら、「おっけい。かまへん。大学院の代わりみたいなもんや。ただし、これで最後やで。」
そう言われて、俺は、「ESPエンタテインメント大阪 ミュージシャン&スタッフコース」に入ることになった。
まあ、自分としても学生としてやるのは最後にしたかったから丁度よかった。
さらに、昼間部と夜間部に分かれていて、夜間部の方が授業が少なくミッチリ学べると。
そんな感じやって、正直、受験時代のこととかもあり、あまり人のことは信用してなかったから
だから授業を沢山受けるよりも、自分で勉強する機会の方が多く設けた方がいい
そんな考えで夜間部を選択した。
そして入ることになり、サポートルームで進路の報告をすることとなり。
そして、ライブ自主企画。初めて行ったのが、2016/11/27(日) 堺東goith
タイトル名は、「DB企画~Welcome to Labyrinth World~」
しかもその時、堺東goithの店長がすごいノリノリで
「本日限定ドリンク Labyrinth World」というカクテルを作ってた(笑)
沢山の人が参加してくれて、沢山の人が見に来てくれて
大成功だった。
んで、企画を行った後は出演者の人から
「今日はありがとうございました」と感謝されて、
ホントに頑張ってよかったなって
素直にそう思えた。
さらに、その自主企画のとき再びオリジナル曲を作って
それが「Enigmatic Meteorite」というタイトル名だった。
「Labyrinth World」というタイトルにすごく匹敵するような曲かなと個人的に思って
しかもライブ終わり
78枚ぐらい来てくれた人、企画に参加してくれた人にCDを無料配布するという(笑)
すごいことしたなって感じ。
んで、間もなく卒業を迎えて
卒業ライブ、また、ベーオンの某chamさんから卒業企画のお誘いを頂いて
lynch.をやることになり
大成功だった。
んで、卒業ライブである後輩から宣戦布告をされるんよね(笑)
「お前の言うロックは何がロックなのかわからない!俺の方が上だ!!!」みたいな(笑)
まあ、「こいつ成長したな、やりおったな」って思ったね。
自分が2回の頃の学祭ライブを見て入ってきてくれたあの後輩。
因みに自分が在学中のとき、俺は「ロックの代表」みたいな感じでシェルター内で広まっていた。
そして、自分が卒業するとなると、世代交代となり
シェルターのロックの代表はそいつとなった。
そいつには在学中、ホンマに俺を頼ってくれて、思うようなライブが毎回、あまりちゃんとできていないことから、「あーした方がいい、こうした方がいい」みたいなこと結構沢山言って
んで、いつかぶつかり合うようになったりして、
んで、最後には、卒コンのとき、ものすごい長い執筆を貰った、、
「ホントにすばらしい後輩に巡り合えたな」
心の底からそう感じています。

んで、大学は卒業してESPに入って
ESPに入る1か月前、実はドラムを始めてて
ドラムをやっていると、ESPで「バンドメンバー募集サミット」っていう場があって、
そこに誘われる側として参加したら、
ある生徒から
「ドラムで入って」みたいな
言われて入った。
ドラム初心者なのに大丈夫かな?みたいなところはあったけど、とりあえず入った。
結果、どうやらあまりライブ慣れとかはしてなかったみたいで
引っ張れるところは引っ張っていったけど
とあるライブで
立ち上げた本人なのにまさかの初回でライブハウスに姿を現さないという。
んで、そこで某MCBBで現在は外バンもやってるあいつに電話して
でも無理だったみたいだから
別の人に頼んで
それで何とかライブは出来た。
んで、シェルターのライブとかにも何回か顔も出していて
そこで、後輩から「V系ドラムやりませんか?」みたいな(笑)
正直、不安だらけででも参加したいみたいな気持ちもあって
んで、参加したけど、
ボロボロ、、
ここで、後輩にまでボロクソ叩かれることになり、
そこで実感したことが
「自分ってホント考えが甘いな」
そう感じた。
でも、「DBさんすごいっす」って言ってくれた後輩がおって
すごく嬉しくて、、
んで、どうしようかな?って悩んでた自主企画、2年目もやることにした。
2年目は2017/12/23(土) 堺東goith
タイトル名は「Welcome to RIL world」
これ、RILなんだけど
4回生で自分が卒業する卒コンのときに「DBさんにとって、Rock Is、何ですか?」と動画撮られながら言われたときに俺は「Rock Is Life!!」って答えたんよね(笑)
RILはその略です(笑)
2回目はすごい苦労したね。。
後から誘う人の予定とかが全然合わず、しかも自分の枠の人が全然集まらんくて
当初予定してた曲とかも急遽変えることになって
それでもなんとか最後まで乗り切りました。
全部で集まったバンド数は8バンド!
ホンマに自分抜いたら7バンドやけどこの7バンドが集まらんかったらどうなってたのか
そう考えたらホントによかったなって思います。
この頃、中打ち上げは人数が少なくて中止になりました。。
んで、2年が近づいてくるにつれて、再び就職のことを考えることとなり
あまり自分はスタッフの道は重労働で向いていないなって思ってたから
スタッフじゃなくて違う道に行こうかと。
それが、ゲーム業界。
実は自分、作曲に関してはオリジナル曲作ったり、同期作成もしてたりしたので、比較的自信があった方でゲームのBGMを作る仕事をしようと思ってゲーム業界を目指しました。
ただ、ゲーム業界ってそもそも競争率も高く、しかも採用人数がすごく限られている。
話にならなさ過ぎて、でもなんとか入りたいって思って、とりあえずやれるだけやった。

ESP2年目になって
まあ、作品選考でどこも落とされたね、、
そこで本当に知らされた
自分の考えの甘さ、自分の未熟さに。
んで、どうしようかと、、
とりあえず大学4回の頃にも少し視野に入れていたIT企業も進路選択に入れようと
そう思って、就活回った結果、どこも不採用。
んでそこでちょっと兄貴から言われたことがあって
「音楽で生計立てていかんの?」と。
ちなみに兄貴はインターネットビジネスや仮想通貨における投資などで多くの成果を出している人で
世の中の億万長者との繋がりが広い人で、人よりも世の中のことを知っている人です。
んで、その兄貴から言われたことが
「世の中のリアルのビジネスもインターネットビジネスや仮想通貨と同じ、金で回ってるんだ」と
「そして、会社のオーナーの立場の人基本的に金を沢山持っていて、その人というのはその下の社長にお金を投資するんだ。オーナーはそれを行ったら仕事が終わり。あとは好きなようにしたらいい。あとの仕事は社長や社員がやる羽目になる。これが今の社会の仕組み。社会の恐ろしい現実だ。」と。
そういわれて自分は、「なんて理不尽な・・・」と思った。
んで、オーナーとして、経営者、億万長者として成功している人を兄貴は紹介してくれた。
それが、大学教授もしていて、さらにはインターネットビジネスや仮想通貨投資、俳優、飲食経営など様々な事業で頂点を取り続けてる人で、その人から人生においての成功法則を沢山教えてもらって
ここから俺の人生は一変した。

続きを読む »

高校2年生になって感じたこと・・

お久しぶりっす・・
えっと・・なんかもう忙しすぎてブログの存在すら忘れてました><
8ヶ月ぐらい空いてしまいましたが
まぁ僕はですね変体かつ・・おっとms!
というわけでですね・・
まぁ、とりあえず大学合格しないといけないんで
今、毎日のように勉強三昧です><
大学に行ったら、遊び放題になるためにも・・です。
そして勉強の方は進んでいるのか・・といわれてみれば
たいして進んでいませんwwwwwwwwww
なんていうか
この頃、時間があっという間に経っていくような気がするんです
1日にする勉強量がいつも不足してしまう
気がついたらもう9月ですwwwwwww
このまま受験に突入したらマジやべぇ・・ww
ちなみに俺のこだわりを言っておくと
金のかかる私立はできたら避けたい
そして総合大学じゃないとダメ
そしてできるだけ家から通えるところまたは東京に行きたい。
これぐらいかな。。
というわけなんで、かなり視野が狭いんですww
あと浪人はできるだけ避けたいんで・・
だからちょっと慌てないと・・wwwwwwww
そのために去年(正確には今年)3月、声優スクールをやめました。。;
がんばらんとやめた意味がありませんwwwww
親から言われてるんです。国公立に受からないと小遣いは渡せない・・と。
親は僕が国公立に受かったら、大量に小遣いをくれるみたいで・・
まぁ最近、あまりスカイプとかINしてなくて・・
ネット自体もつけるときというのが少ないわけなんですが・・
まぁ現に今自分のネットがないんですよねww
親のネットは・・
正直、メイプルできませんww
しかもなんか最近この親のネットも重い。。
まぁ音楽とか沢山入れてるからそりゃ重いのも同然か・・;
というわけで大学受かるまで、自分のネットが手に入るまではネトゲINはできないですかね・・;時々スカイプとかはINしますが
まぁ勉強の話はさておき・・
音楽の方は最近、何にはまってるのかというと・・
主に水樹奈々さん、ピコ、それからRADWIMPSですかね。
水樹奈々さんはですね・・歌がうまいですwwwマジで
ビブラートもそうですが、一番いいのは
いろいろな声を持ってるんですよねw
まぁそう考えるとピコも本当にすごいですけどね。
男性から女性のキーまで出せるという特別な声
あれで地声となれば、いかに歌ってて楽しいことでしょうか(笑。
あと、水樹奈々さんは声優もやってるんでね。。
しかも紅白出場してるし、今年、東京ドームのライブがあるみたいだし・・w
マジぱねぇっすw
あとあれだ・・水樹奈々さんの自叙伝も買って
読んだわけなんですが、奈々さんの厳しい世界での気持ちがかなり伝わったような気がしています。
感動しました。
ピコは・・
「story」とかすごいキー高くて鳥肌立つし、あと1pikoというアルバムに入ってる「恋しくて」は泣けるし、気持ちがすごく落ち着けます。。w失恋ソングにも程があるでしょうwあれはwwww
RADWIMPSはというと・・
絶対絶命のアルバム、いいですね。
「君と羊と青」とかサッカーのテーマソング?みたいなのになってるし
マニュフェスト、その他のアルバムもなかなか。
あとですね
今年の5月29日でしたかね・・
RADWIMPSのライブを観に、神戸まで行きました!!!
あのときは雨がすごかったけど、ライブはすごく感動しましたね。。
今、家にそのときのうちわがありますww
学校に持っていって、体育の後とか朝学校来たときとかに使ってます。
音楽の話はここまでにしましょうか。
アニメですが、
最近、あまり面白いなあというアニメは正直、ないんですよね・・
1季節で大体1、2個ぐらいです。
ちなみに今見てるアニメはシュタインズゲート、BLOOD-C
シュタゲはあれだ、わけがわからくなって途中で見るのをやめようと思ったけど
途中から面白いというか感動的な展開になり
見続けることにした。
んで、BLOOD-Cは水樹奈々主演 ということで見てます。
EDマジでいい曲やわあれww
んで、10月からはシャナⅢを見るつもりです。
あれは楽しみですね。。
あとレールガン2期とかあればいいんですけどね・・あるんでしょうかね・・。;
とりあえずアニメの話はここまで
そしてですね・・
明日から4泊5日修学旅行に行ってきます。
修学旅行は北海道に行ってきます。
なかなか楽しみというわけですが。
まぁできたら帰ってきたらまたブログ更新しようと思います。
写真もたくさん撮ってきます。。
んで、修学旅行が終わったあとは、即効で中間テスト2週間前ですwwwwwww
早いんだよまじでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
学校の授業の復習をする暇もなくあっという間に2週間前って・・どうよwwww!?
まぁとりあえずがんばってきます。。
長くなって申し訳ないですがここまでにしておきます
こんな僕ですが、これからも変体、あっ違う。アルタイルorをよろしくお願いします;;
続きは明日から修学旅行ということもあり、ちょっとゾッとするかな?という話を書きます。まぁ、気軽に見てやってください^^

続きを読む »

最近の・・・・ぁ、いやえっと・・・様子っていうかな・・

ぁータイトル気にしないでおkwww
まぁなんというか・・やたら日にちが空いてしまいましたが・・w
まぁ、自分のネットは今
崩壊という道に逝ってしまっていてですね・・w
まぁ崩壊っつっても・・
回線が繋がらないだけなんですが・・。
あの回線、どうやら接続がややこしいみたいっすね・・;
親父に「問い合わせしろ」とか言われたけど
問い合わせはというと・・・w
あれからしていないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
なぜかって?
イライラ満喫してたから
もうもっと後に問い合わせすることにした
アヒャヒャヒャッハハハハハハハヤヒャヒャヒャ
まぁ、あれです
最近、親のネットをちょっと借りてですね・・
ネットの方はやってます
前、何回かメイプル入ったんですが・・
随分と変わってますねー・・;ww
でもSSの方はというと
まったくとっていないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
まぁ、あれだ
新職業も次々と出ていますね・・w
ほんと・・いろいろとすごい・・
しかし・・最近、ほとんど入っていないんですが・・w
最近、もう忙しいんです・・w
そろそろ俺も高2だよなー・・w
勉強の方はというと・・
糞やばい!!!!!!
前さ
センター試験同日体験とかいうのを受けたんだけど
もう予想通りボロボロだったwwwww
頭がおかしくなりそうだorz
後、今月は英検あって
来月は数検、漢検
そして、それが終わったら、
学年末考査wwwwwwwwwwwwww
ななななななななんだこの糞ハードはああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああwwwwwwww
しかも・・
テストが終わっても
解放されるかと言えばそんなわけがない
そう、少なくとも、高校3年が終わるまでは俺は解放されるわけがないのだ
俺の兄によると
国語と英語を上げるチャンスは高2にしかないというのだ・・・
つまり、高2のうちにこいつらを完璧にしないといけない
そして、高3は数学、理科、社会とをやりまくれええええええ!
だと
ハードだうんハードだ
春休みが入ると
兄に与えられた英語の教材がある
それをやらないといけないらしい
というわけだから・・・
メイプルはもうほとんどINする時間がありません・・;
まぁ、たまにイジラレニくるかもしれんからそこはよろしくな^^ってゴルアアアアアアアアア!

とりあえず、話題を転換するとしようか
最近のネタだ
ニコニコ動画で、おもしろい実況を見つけたり
やたら熱い歌い手が続々と・・・r/y
もうすごいです・・w


ぱないっすよこの2人・・・w
かなりうまいwwww
まぁ他にも
2人を合成したものがあったり
7人合唱とかいうのもあったり・・・w
本家と合成というのもあったり・・・w
その影響で最近またレールガンの曲はまってきた・・・w
てかさ
レールガンを高い声で歌うとな・・
喉がつぶれるんだよな・・wwww
声が徐々に声が出にくくなるという・・ねw
ちょっとレールガン歌いすぎて今、喉痛い・・w
ぁー
ノシ

完全死亡しましたorz

というのはですね・・・
自分のネットがもう
完全に使えなくなったんです><
何が起きたのかと言うと・・
ちょっとネットが壊れかけだったんで
リカバリしたんです・・
先週の火曜からリカバリして・・
ずっと・・
ネットのことでイライラ状態が治まらない状況でした・。
歴史的な表を作ると・・こんな感じかな
12/7:リカバリ開始 OFFICE CDがなくて、必要なデータインストールできず・・
12/8:親父から別荘にCD置いているとの報告
12/9:CD取りに行こうと思ったが夜遅かったからやめた
12/10:CDを別荘に取りに行き、早速、再リカバリし、インストール可。だが、接続がなぜかできず・・
12/11:前日のことですごくイライラし、先輩達と忘年会へ・・・
12/12:再びリカバリ、接続できない原因判明。そしてまたリカバリ。でも、接続ができない・・・エクスプロアーを開けると、意味不明なエラーが出てくる・・

というような状況でした。。
もちろんあれです・・
ソフトのダウンロードも何1つできません。。。
リカバリ合計4回してますね・。・
あのネット、動こうという気が全くない。もう洒落にならん
完全にもう壊れてしまったみたいです><
だから
親に「ネット使わせて!」と言ったら、簡単に使わせてもらえました。。;
なので、メイプルは恐らく
復帰します
といっても、これから忙しいから、狩りは・・あんまりしないかも
親のネットもXPなんで
また、ギルクエ、ジャクム等しましょうbb
まぁ、先週、この件のせいでずっとイライラしてて・・へばってて・・
何もできませんでした><;
まぁ一応親のネットがあるから、とりあえずは満足かな。
そいではノシ~
プロフィール

アルタイルor

Author:アルタイルor
FC2ブログへようこそ!
使用キャラ:
アルタイルor 90レベ聖魔
      
盗賊の探偵 斬り賊

黒と探偵 本気で育てようとする投げ賊

完全犯罪組織 投げ賊(mc専用キャラ)

毒殺暴動組織 魔(ちょっと謎のキャラ)

斬り賊で狩り活動をしています。


別ID:30レベ以下(ギルクエ専用)のキャラ
    骨と肉 投げ賊
    

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。